若竹の味わい深さと彩り豊かな食材、料理人の匠をご賞味ください。

日本料理には、「五味五色五法」という定式(ていしき)があります。「五味」とは全体のバランスを考え、甘味、辛味、塩味、苦味、酸味の五つの味付け。「五色」とは赤、青、黄、白、黒の五つの色をうまく取り入れ、季節感溢れる色彩に彩ります。また「五法」は“焼く”“煮る”“蒸す”“揚げる”そしてお造りのように“生”を活かした料理方法を言います。「若竹」はお客様が落ち着いたひと時を過ごしていただくために、「五承」という定式を盛り込んでおります。“振る舞い”“身だしなみ”“あいさつ”“笑顔”“言葉づかい”。これらすべてが若竹の心意気であり、喜びとなっております。常に「五味五色五法五承」を考え、接客し、調理し、盛りつけを行い、お客様が”今日はいい食事ができた”と言って頂けるよう、日々努めております。

新着情報

  • 料理長おすすめメニュー
  • 心(おもてなし)